Alfa Romeo 四日市

Alfa Romeo OFFICIAL DEALER アルファ ロメオ 四日市

 
お見積り依頼
試乗お申込み
お問い合わせ
営業時間・定休日
営業時間

AM10:00~PM7:00

 
定休日

ショールーム:月曜日

 
電話番号

059-361-0711

 
 
住所

〒510-8012

三重県四日市市茂福町2-27

スタッフブログ

   
2017/10/19  サービス  サービス部門 村井 正明
修理は推理
村井 正明 / ムライ タダアキ
[サービス部門]
 

こんにちは

今回は修理について・・・

車は人間が作った物ですから、人に例えると似てる部分があります。

まずバッテリー、人の心臓は必要不可欠。

次にコンピューター、人で言う脳です

次にセンサー(測定機器)、目や耳、皮膚など。

そして電磁バルブなどの端末機器は手や足など。

 

最近までの車はコンピューターをバッテリーで動かし、各指令に対してセンサーで情報を測定、電磁バルブなどを動かし作動状態をセンサーで確認しながら動かしてる事が多いです。

ただ人でも年齢を重ねると人も若い頃のように動かせなくなる場合もあり、脳がしっかりしてても神経や筋肉が弱って思い通り動かしにくい時があります。

神経の役割をするのが、電気配線です。

電気配線は各データーを送受信してます。

古くなってくると配線に使われてる銅が酸化し接触抵抗が増える事があります。

 

前置きが長くなりましたが、これが推理なんです!!

 

推理に元づいて各センサーを測定すると・・・

 

エンジンルームには様々な部品がいっぱいで目で見ても良否判定は難しいですが、

正規ディーラー診断機を用いてレコーダー機能を利用してグラフ化すると・・・・

赤い丸の部分が配線の揺れなどにより測定値が乱れたのをグラフ化出来ました。

けれど1秒程しか検出されてません。

昔のラジオなどで手で回すボリュームなら勝手に音が変化する不具合が確認出来ますけどね。。。

こんな感じで修理方法を推理しております。

(CANシステムはこの診断方法ではありません。)

 
2017年11月(3件)
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
ページ上部に戻る