Alfa Romeo 四日市

Alfa Romeo OFFICIAL DEALER アルファ ロメオ 四日市

 
お見積り依頼
試乗お申込み
お問い合わせ
営業時間・定休日
営業時間

AM10:00~PM7:00

 
定休日

ショールーム:月曜日

 
電話番号

059-361-0711

 
 
住所

〒510-8012

三重県四日市市茂福町2-27

スタッフブログ

   
2017/10/21  サービス  サービス部門 村井 正明
デュアルマスフライホイール
村井 正明 / ムライ タダアキ
[サービス部門]
 

こんにちは

今回はアバルト595などに採用されてるデュアルマスフライホイールについて・・・

競技車では無く市販車ですので、なるべく省燃費走行出来るよう低速を維持しようとしても、軽量フライホイールでは扱い辛く、振動を吸収し低回転が扱いやすいようにデュアルマスフライホイールなど採用されてます。

 

構造を理解してないサービスマンがデュアルマスフライホイール見ると・・・ガタガタだから壊れてると思ってるみたいですが、構造も理解出来て無く手で触ってガタガタだからと判断してるみたいですが、新品と比べたらわかりますよ。(10数年前のゴムダンパー付きフライホイールと同じだと思ってるんですね)

新品もクランク側とクラッチディスクの当たり面、手で動かしても壊れてると思いこんでる部品と同じくらい動き、dual mass flywheelで動画を見たらトルクを吸収してる範囲が40度近くあり製作者の技術力の高さが感じられますね。

壊れてるなら正規ディーラーのテスターでkisspointが変化するのが確認出来、何らかの不具合が記録されますが、構造を理解して測定値が変化しないならば・・・正常としか言えないですね。

 

仮にMTAモデルに軽量フライホイール取り付けて、街乗り、自動変速モードを利用したらどのくらい低回転時扱いずらく、ギクシャク、ガタガタするんでしょうかね?

 

 
2017年10月(7件)
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
ページ上部に戻る